松川一の宮太鼓30周年記念演奏会&祝賀会

みなさん、こんにちは。

岩手県八幡平市の歯医者、佐藤歯科医院院長のフミです。

今回は2月11日に姫神ホールにて行われた、「松川一の宮太鼓30周年記念演奏会」と八幡平ハイツでの祝賀会に出席させていただいたので、そのことについてお伝えしたいと思います。

 

当院では先代より、社会福祉法人杉の子会の理事をさせていただいており、医院継承に伴ってお声がけいただき、理事という大役を拝命しております。

 

さかのぼること30数年前、私も園児として園庭を駆け回っていたことを、昨日のことのように思い出します。理事長である一子先生をはじめ、昨年亡くなられた武先生や当時からいらっしゃる先生方も含め、本当にお世話になりました。また、今では我が子達の面倒もみていただき、親子3代に渡ってお世話になっている杉の子会に、理事や嘱託歯科医として恩返しできていることに、とても喜びを感じています。

 

松川一の宮太鼓は、私が在園中はまだ会としては発足していなかったと記憶していますが、3歳年下の弟が太鼓でもお世話になり、海外公演(シドニー)まで経験させていただきました。とても羨ましいと感じたことを覚えております。

 

記念演奏会で素晴らしい演奏を聴き、30年の歩みを知ることができた祝賀会を通して感じたことは、八幡平市に無くてはならない杉の子会、そして松川一の宮太鼓を、理事として、歯科医として、保護者として一市民として今後も支えていこう‼︎という想いです。

 

そして太鼓という日本の伝統・文化を伝えていくことは、とても価値あることだと感じました。太鼓以外でも、浴衣を着たお茶会など、日本の良き文化を体験出来るイベントが保育園には数多くあり、現代の子供達にとってはとても貴重な体験をできる場所だと感じています。

 

また、少子化だからこそ子育てや保育の質を上げ、日本の未来の宝である子供達の豊かな心身を育むことを、自分の“歯科医”という役割を最大限に活かし、むし歯のない子供達を守り育て、貢献していきたいと改めて思いました。

 

16731593_1236888216396006_139884343_o 16709687_1236486423102852_515920998_o 16735009_1236486426436185_1905216850_o